GPS・GARMINのIDAトップ > GPS徹底ガイド > 製品特集 > Sky Shot

GPS徹底ガイド 製品特集

スカイショット V500

スカイショット3つのオススメポイント

ポイント1 衛星写真とカラーコースレイアウトを収録!

V500 は全国のゴルフ場のを収録済みです。通常のカラーコースレイアウトの他、高解像度な衛星写真の「実写」を取り入れて、現在地から各障害物までの距離表示など、コース上の任意の場所から正確な距離情報をプレイヤーに提供することが出来ます。

また、衛星写真は一画面で収まるよう調整がされていて、例えばパー5のようなロングホールでも画面をスクロールしてホール全体を閲覧する必要がありません!

プレイヤーが次のストローク地点に移るときも、各障害物までの距離を絶えず更新し続ける優れもの!プレイ中に実際のイメージ情報がご覧になられます。

そして驚くのはなんと全世界24,000コースもダウンロード可能です!!

カラーコースレイアウト!

衛星写真!

カラーコースレイアウト 衛星写真

ポイント2 飛行動画作成

スカイショットV500に搭載されている飛行動画再生機能(フライオーバー)は各ホールの詳しい情報を知るための画期的な機能です!
V500のフェアウェイフライオーバーは5秒間ティーグラウンドからグリーンまでの方向性とフェアウェイの特徴がつかめます。フェアウェイ上のプレイヤーはこれによって戦略を立てることができます!

フライオーバーはスカイショットV500のホームページから簡単に本体にダウンロードできます。

フライオーバー!

フライオーバー

ポイント3 スコアラウンド分析機能!

 

V500はシンプルなタッチ操作で合計スコアが自動的に行うことができ、簡単にアウト9ホール・イン9ホールのスコアを把握することができます。

18ホール終了後、普通版ではスコアを合計のみで、プロ版ではスコアの分析を行うことができます。 

スコアカード!

電子スコアカード



その他にも強力な機能を本体に搭載!!

■低反射処理タッチパネルディスプレイ
太陽の下でもクリアに見えるAR(反射防止)処理のタッチパネルディスプレイを採用しています!

■タッチパネルによる測位
V500は衛星写真と3Dカラーコースレイアウトにて画面をタッチすることにより、スクリーン上で対象までの任意の2点間で距離と、グリーンまでの距離を測定することができます!

■トラック軌跡記録
V500はディスプレイ上に上に毎回のボールの落下位置、ラウンド中のショット軌跡も記録できます。保存されたデータを使って自分のラウンドデータを振り返ることができます! 

 

Sky Shotファーストインプレッション


早速Sky Shotが弊社に届いたので、実際のゴルフ場でテストしてきました。

場所:オリムピックカントリークラブ(山梨)
日時:2010年6月11日 晴れ

ゴルフ場に着いて、GPSの電源を入れる、測位は他の機種と変わらないぐらいのスピードだ。ゴルフ場を探し、このゴルフ場は9ホールが3箇所あり、その日によってスタートが変わる。コースの選択をしようとしたが、ゴルフ場の表示が全ての文字が表示されていない為、 

右に自動スクロールして確認しなければならない。コース名がわかるまでに少々待ち時間がある。
「うっとおしい!」と思ったのが最初の印象です。

コースを選択してからは、表示フォーマットはSHOT NAVI ADVANCEと同様、GPSのサイズも同様である。

機能も遜色ない!しかも衛星写真が表示できる。
最初コースに出る前確認し、写真もそれほどきれいではないので、この機能は必要かな・・・
と思っていたが、実際のコースに出てみると、以外に使える。

写真の精度(綺麗さ)は、まぁコースによるのだろうけれども、今回のコースはそれなりである。

また、自分のいる位置が人間のアイコンでわかる、これは視覚的に私好み!

さあ、実際の使用感だが、確認時に腰のホルダーから出す時タッチパネルが一々反応する。
これはいただけない。タッチパネルだからしょうがないのだろうけれども、
だから、画面ロックボタンがあるのかと・・・
しかし、画面ロックを行うと、飛距離確認のメニューを押せない。
少々やっかい。

最初の1ホールだけ、スコアも入れたが、めんどくさがりの私にはちょっと機能過多の感は否めない。

よって画面をロックしたまま、距離表示のみ使用してのラウンド。

この使用方法だと、コース表示あり、ハザード距離表示、ドッグレッグのコースなど、 

飛び出てしまう直線の距離も表示されるので、使用感は満足!

サイズがちょっと大きいので、画面は見やすいが、腰につけてだとちょっと邪魔かも。 

ベルトクリップからの取り外しは少々面倒。
液晶保護シートを貼らないでの使用だったが、ずいぶん画面に油膜が・・・私の問題? 


全体的に使用の感想:コストパフォーマンスは十分満足させられるものだと感じました。


 

  

Sky Shot 製品データ

使用可能時間 約8.5~12時間
ディスプレイ 3 インチ ( 解像度 240 x 400) 高解像度カラー LCD/ バックライト機能付き
寸法 57(W)×116(H)×20(D)mm
重量 129g
防水性能 有:IPX3
サポート言語 英語 / 中国語 ( 繁体字 ) / 中国語 ( 簡体字 ) / ドイツ語 / フランス語 / スペイン語 / 日本語

関連記事

【製品特集】ATLAS ASG CM11特集
高精度全国地図&高性能サイクルコンピュータ内臓のハンディGPSマップ「ASG CM11」をご紹介します!

【製品特集】TripMate850特集
高感度・大容量・コンパクト!楽しみ方いろいろなGPSロガー「TripMate850」を紹介!

今回紹介した商品

Sky Shot V500
スカイショット V500

標準価格:オープン価格
価格 \35,047(税抜)送料別

この商品を買う


I.D.A Online 楽天市場店
注目の新商品
Trackimo GPS Trackimo GPS
GPSトラッカー
GPS発信機
\25,380(税込)
この商品を楽天で買う
-----
DG-500G DG-500G
GPS/GNSS
データロガー
\12,150(税込)
この商品を楽天で買う
この商品をYahooで買う
-----
-

今月のランキング
第1位
フォアアスリート235 フォアアスリート235J
ランナー用GPS
\39,744(税込)
この商品を楽天で買う
この商品をYahooで買う
第2位
MAP64SCJ MAP64SCJ
ハンディGPS/GNSS
\80,784(税込)
この商品を楽天で買う
この商品をYahooで買う
第3位
eTrextouch35J eTrexTouch35J
ハンディGPS
\69,984(税込)
この商品を楽天で買う
この商品をYahooで買う
-----

I.D.A Online Yahoo! ショッピング店はこちら