国際VHFトランシーバー HX210J

¥ 20,691 税込

商品コード: id-QS2YSK010001

在庫切れ・入荷予定情報
メーカー在庫ありの場合2~3日程
数量
国際VHFトランシーバー HX210J

国際VHFトランシーバー HX210J




 

国際VHF規格 総務省技術基準適合証明取得機種


国際VHF で使われる全てのチャンネルをカバ
緊急連絡用チャンネルの“チャンネル16”、“チャンネル9”を含む、国際VHF に割り当てられている全てのチャンネルを使用することができます。

送信出力5W
送信出力は簡単にハイパワー“5W”からローパワー( “2.5W”、または“1W”)に変えることができます。相手が近くにいる時はローパワーにしてバッテリーの運用時間を延ばすことができます。

防水フローティングトランシーバー
水上に落としても安心なIPX7 防水型フローティングハンディトランシーバーです。
(IPX7:真水/ 静水に水深1mで30 分間没しても機器の動作に影響を及ぼさない事)

LED 照明付フルドットディスプレイ
LED 照明付きのフルドットマトリックス液晶ディスプレイを採用しました。夜間でもすぐに動作状態を確認することができます。

E2O 対応
イージー・ツー・オペレート(Easy 2 Operate) に対応していますので、非常に操作が簡単です。

プリセットメモリー
簡単な操作で連絡用チャンネルのメモリー/ 呼び出しができる、プリセット型の10 チャンネルのメモリーチャンネルを採用しました。

緊急連絡用チャンネルキー
緊急時、瞬時に緊急連絡用チャンネルの“チャンネル16”または“サブチャンネル”(工場出荷時設定:チャンネル9)にアクセスすることができる専用の[16/S] キーを配置しました。

大音量600mW スピーカー採用
大音量のスピーカーを採用していますので、航行中の船上でも十分な聞き取りやすい大音量で聞くことができます。

2波/3 波受信機能
2つまたは3 つのチャンネルを自動で監視して受信することができます。連絡用チャンネルと非常用の緊急チャンネルの信号をチェックして、緊急チャンネルを優先して受信することができます。

大容量リチウムイオンバッテリー内蔵
1,850mAh のリチウムイオン電池を内蔵、優れた高周波回路設計技術による低い消費電力で長時間の運用を可能にしていますので、長距離のクルージングにも安心して使用できます。

FM ラジオ放送受信
国際VHF による通信を待ち受けしながら、同時にFM 放送帯(65 ~ 108MHz、FM 補完放送対応) を受信することができますので、マルチワッチ機能で国際VHF 通信を待ち受けしながらFM 放送を楽しんだり、天候などの情報収集にも便利です。



国際VHF無線機ご利用の注意点


国際VHF無線機をご使用するには
海上特殊無線技士
の資格と船舶局の開局申請が必要です。

また、DSC機能を使用するには、
第2級海上特殊無線技士以上の資格が必要になります。



■面倒な船舶局開局の申請書類は 弊社にて
無料で申請書作成代行致します!



どうやって申請すればいいの…?

どこに何を書けばいいのかわからない

何枚も記入用紙があって面倒

申請書作成代行料が2~3万円だなんて高い



こんな悩みにお応えするため、弊社では
”無料”にて申請書作成代行させて頂きます!

※ご注文時に”申請書作成代行 希望”を選択してください。

●船舶局開局申請代行するにあたり、お客様の情報等をお伺い致しますので、
ご協力くださいますようお願い致します。


■各種免許・法律についてのわかりやすい解説 国際VHF無線機を開局される皆様へ!をご参照ください。


セット内容

・ラバーアンテナ
・リチウムイオン電池パック(7.4V、1850mAh)※内蔵
・ハンドストラップ
・チャージャークレードル(ACアダプタ付)
・ベルトクリップ
・DC12V外部電源アダプター
・取扱説明書
・無線局申請書(一式)
・保証書


機能

・防水フローティングトランシーバー
・LED照明付きディスプレイ
・IPX7準拠:水深1mで30分間耐える防水性能。
・HX210が水に浸かると、ライトが白く点滅します。
・5Wの送信出力
・使用頻度の高いチャンネルを10チャンネルプリセット可能
・プログラマブルスキャン、プライオリティスキャン、デュアルワッチ、トリプルワッチ
・大音量600mWスピーカー採用
・高輝度白色LED
F・Mラジオ受信対応


ご注意

※国際VHFトランシーバー(携帯型 出力5W以下)、DSC機能を使用するには、総務省が認定する第2級海上特殊無線技士以上の資格が必要です。DSC機能を使用しない場合には、総務省が認定する第3級海上特殊無線技士以上の資格が必要です。


 
▲トップへ戻る